医療用レーザー

ナローバンドUVB

ナローバンドUVBは、中波長紫外線の領域に含まれる非常に幅の狭い波長(311±2nm)の紫外線で、この波長の紫外線が以前の研究結果から乾癬に有効であることが明らかにされてきました。

外用療法、内服療法を継続しているけれども、いま一つ改善しない、満足するところまで症状が改善しない患者さんに週1~2回程度で適量の紫外線(311±2cm2)を照射するようにしています。

最初は、患者さんのスキンタイプに応じて、短時間の照射から始めます。

アトピー性皮膚炎や尋常性乾癬、掌蹠膿疱症、尋常性白班、結節性痒疹、皮膚瘙痒症、透析に伴うかゆみ、菌状息肉症などの治療に効果があります。

また、当院のナローバンドUVBは縦型のため立ったままの照射が可能です。一度に広範囲の照射ができるため、治療時間が短くてすみます。

ナローバンドUVB

適応疾患

  • 乾癬
  • アトピー性皮膚炎
  • 尋常性白斑
  • 菌状息肉症
  • 結節性痒疹
  • 多形日光疹
  • 扁平苔癬
  • 円形脱毛症
  • 掌蹠膿疱症
  • 皮膚掻痒症

診療費用

詳しくはお問い合わせください。
TEL 0258-39-4112